シニアレジデントとは後期医療研修医の事を指します。
でも、普通のお医者さんは研修を必ず医者になる前にしていますよね。
では、この研修は何をしているのでしょうか。
元々都立・公立病院といった大きな病院では地域の医療から非常に高度な医療まで幅広い医療を行っているため、多種多様な診療科と非常に豊富な症例に恵まれている環境です。
その環境を生かして、総合診療能力の向上を目指して、自分の専門分野をさらに深める研修を行います。
それを行っている病院の中で一番魅力的なのが東京医大です。
東京医大の整形外科のシニアレジデントでは、多数の専門分野の研修ができることに加えてほぼ全員が入局後4年以内に専門医資格を取得しています。
また、臨床研修も非常に盛んで、さらに他の診療科の垣根もなく、出向や海外の留学も非常に柔軟に対応しています。
シニアレジデント制度があることによって私たちはレベルの高い医療を継続して受けることができるのですね。