年齢を重ねたり、太ってくると血液がドロドロになってしまうのをご存知でしょうか。
でも血液がドロドロになっても痛みもないし、気付かない人も多いのです。
それが逆に怖いのですね。
人間ドッグなどに行くと高脂血症などの血液検査をするのですが
その時に初めて気付く方もいるくらいです。
この血液さらさらに保つのには方法があります。
それが、お魚を食べることです。
お魚のDHAやEPAには豊富な不和脂肪酸が含まれていて
これが血液さらさらに保つ働きをしているのです。
血液がサラサラだと、脳梗塞や脳溢血など、それに動脈硬化などの病気を未然に防いでくれる働きがあるのです。
もし魚をたくさん食べる機会がないのであれば
サプリメントで摂ることをお勧めします。